2006年04月06日

ビデオ・オン・デマンドの課題

●過去のソフトをビデオ・オン・デマンドでインターネットを通じて配信するには、出演者の権利関係を解決する必要がある。(追加で出演料を支払うか、権利を放棄してもらうか等)

この早急な解決が、ソフト充実の鍵を握っている。


●既存のテレビ局が事業として積極的に取り組めば、普及に拍車がかかるだろう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16229616

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。